幻のコットン「海島綿」ってご存知ですか?

「海島綿」は、一般の綿の1.5倍もの繊維長を持つ超長綿です。

シルクのような光沢があり、

肌に吸いつくようになめらかな、最高級コットンです。

 

 

 

 

 

このたび、西印度諸島海島綿協会様からのご依頼で、

その「海島綿」の最高級品種「V-135」のパンフレット制作に携わらせていただきました。

 

V135

 

 

 

「海島綿」の歴史


「海島綿」の栽培は16世紀後半、カリブ海西インド諸島で広がりました。

年平均気温26〜28℃で昼夜の温度差が少なく、

年間総雨量1,100〜1,200mm、年間総日照時間3,000時間以上、

また綿木の発芽成長期は雨期、開花時は乾期という気象サイクルは、

綿花栽培の最適地とまで評されたそうです。

 

18世紀には、英国に輸入される原綿の2/3が英領西インド諸島からのものとなり、

英国王室には「綿製品は海島綿を」というしきたりが生まれたそうです。

当時、アメリカ産綿の400倍もの高値で取引されていたという逸話も残っているようです。

 

 

 

 

海島綿の中でも“伝説のコットン”と呼ばれる「V-135」


すぐれた品質の「海島綿」の中でも、

“伝説のコットン”と呼ばれるのが「V-135」種です。

 

ところが、

「V-135」はその品質ゆえに栽培も非常に難しく、

約50年前に生産が途絶えてしまいます。

 

しかし、その種子は密かに受け継がれ、

「夢を再び」と情熱を傾けた西印度諸島海島綿協会によって

このほど、半世紀ぶりに復活を果たしました。

 

 

 

世界最高級 “究極の肌ざわり”


V-135B

繊維長が長いと、糸をつくるときの“撚り”が少なくてすみます。

そのため、糸の柔軟性が高く、表面が艷やかで、なめらかで、

耐久性も高いという特徴を持ちます。

 

そもそも「海島綿」は、繊維そのものの反射率も高いため、

まるでシルクのような光沢を放つことも大きな特徴です。

 

繊維の中空部を取り巻くセルロース質が肉厚で、

水分の吸収性にもすぐれており、日本の気候にも適しているとのこと。

 

昨年あたりから、ファッション業界ではさまざまな高級コットンを使った

製品が登場していますが、

それらとは一線を画す、世界最高級コットン「V-135」。

 

シャツ1着でもいいから、着てみたいものです。

V-135a1

なお、V-135製品は今後、さまざまアパレルメーカーさんから

製造販売されることと思われます。

 

FavoriteLoadingbookmark

Post Author: 櫻井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。