“今を100%楽しむ”ために必要なこと

こんにちは。櫻井です。

 

みなさんは、

「あのときは楽しかったなぁ」

とか、以前のことを思い出すことありますか?

ありますよね?

私もときどきそんな風に昔のことを思い出します。

 

もともと懐古主義なのかもしれませんが、

過ぎ去ったことを思い出しては、

とても切ない気持ちに襲われたりもします。

その頻度は、もしかすると人よりも多いかもしれません。

まあ、頻度は別として、

オンタイムではそれほど楽しいと感じていなくても、後から思い出すと、すごく楽しかった…と。

 

そこで、

なんで、こんな過ぎ去ったことが楽しく思えてしまうのか、ということを考えてみました。

 

エサやりも楽しかったなぁ。
何気ないエサやりも楽しかったなぁ。

 

 

 

まず、過去と、過去のことを振り返る自分の大きな違いは、「状況」ではないかと。

過去を振り返る自分は、過去の楽しい部分だけを切り取って、そのことを思い出します。

 

でも、その過去に実際いる自分は、

もちろん楽しさも感じていると思いますが、

それ以外の、さまざまな状況に囲まれていて、意識はそれぞれに分散しています。

 

例えば旅行中なら、

夕飯ばどうするとか、迷子にならないかとか、

次に何をするとか、あるいは今そのときの安全性とか…。
ところが

過去を振り返る自分は、そんなことは気にしません。する必要がありません。

楽しかったことだけを切り出してフォーカスすることができます。

 

さらに、思い出している自分は、

すでにその体験を安全に終えているわけで、

いうなれば、ハッピーエンドを知っている。

成功を知っているわけです。

だから、過去の経験は余計に楽しく感じられる。

 

仮に失敗経験でも、

それでも、そこからは這い出して今につながっているわけで、

ある程度、客観視できる。
さて、

そう考えたとき、もっと今を楽しむこともできるのでは、とも思いました。

「その時」にもっと楽しさを感じられていれば、その場をもっと楽しむことができるはず、と。

 

たぶん、

そのために大切なのは、できる限り情報を削り、その楽しい時間にフォーカスすること。

 

不安の少ない状況を作り出して、その環境の中で楽しむ。

一度にいろいろなことを並行して動かさないで、物事に集中する。

周囲に気を配りすぎず、シンプルに過ごす。

旅行中なら、やたら移動するのではなく、

ここと決めた場所に、少なくとも、出発時間をしっかり決めて、

それまでは、そこをしっかり楽しむ。

 

短時間の経験だけでなく、長い人生においても当てはまりそうです。

長い時間では、いろいろ考えなければいけないのは当然なわけで、

だからこそ、しっかり思考を切る変えることが大切。

ウエットな性格の私としては苦手なことですが、

できるだけ実践していきたいところです。

 

せっかくなので、楽しく生きたいですから。

FavoriteLoadingbookmark

Post Author: 櫻井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。